機能性表示食品イチョウ葉エキスとは?ボケ防止/受験/イライラに!?

ドラッグストアニュース
スポンサーリンク

「最近忘れっぽくなってきたな…」なんて感じることはありませんか?
もしくは、「あれ」「これ」といった言葉が増えたり。
書店で『ボケ防止』なんてタイトルの本があったら手に取ってしまう。
誰しも衰えるのは怖いですし、それを実感すると尚更恐怖ですよね。

私の母も最近「どうも忘れっぽくなった」といっています。
そして、さっきまで持っていたものを探してウロウロ…。
そこにあるよ、なんて言いながら私も自分が無くした何かを探していたりします。

すぐにでも、忘れっぽさを改善できたらいいですよね。
かといって毎日何かトレーニングのようなことをするのは大変。
そんなあなたには手軽に始められて続けやすい、機能性表示食品をおすすめします。

この記事では、記録力の維持に役立つと話題の「イチョウ葉エキス」についてご紹介いたします。
そもそも栄養機能食品ってなに?という方でも大丈夫。
この記事を読めばイチョウ葉エキスについて詳しくなれちゃいます。

ぜひ最後まで読んで、イチョウ葉エキスについて知ってくださいね。
そして忘れないうちにイチョウ葉エキスを購入しましょう。

機能性表示食品とは

まず、栄養機能食品について解説していきます。
健康食品と一口にいっても様々なものがあることがわかりますよ。

健康食品の分類

まず、口に入れて体内に消化吸収されるものは大きく3つに分かれます。
医薬品、特別用途食品・保健機能食品、その他の食品です。
医薬品と他の2つの違いはなんとなくわかりますよね。

ただ、特別用途食品・保健機能食品の内容、普通の食品との違いはちょっと難しくなってきます。
あやふやなままなんとなく体にいからと買ってませんか?
これらは国によって取り決められて分かれているのです。

すごく大雑把にご紹介していきたいと思います。
ある特定の状態の人に適すると国から認められたものが病者用の特別用途食品です。
飲み込むのが難しい嚥下困難者や妊婦さん、小さいこども用などがあります。

特別用途食品の中でも特定の目的のために用いられる、国から認められたものが特別保健用食品です。
「トクホ」と呼ばれているものですね。

病者用特別用途食品や特別保健用食品は商品自体が国から認められています
だから、人の形をしたマークをつけることが許されているのです。
ここはとても重要なので覚えておきましょう!

一方で、栄養機能食品や機能性表示食品はどうでしょうか?
この2つは、商品自体が国から認められたわけではありません
なので栄養機能食品と書かれていてもマークのようなものはありません。

栄養機能食品は、特定の栄養成分を取る目的のために利用される食品のことです。
基準にしたがった栄養成分の機能を表示することができます。
つまり、もともと基準があって、そこに合致していれば表示できるのです。

次はいよいよ機能性表示食品についてです。

機能性表示食品は「成分に効果がある」

これだけ細かく分かれていると頭が混乱しますよね。
ただ、今日は機能性表示食品についてです。
ここからが重要になりますので、出来るだけ噛み砕いて説明していきますね。

機能性表示食品疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及
び授乳婦を除く。)に対し、機能性関与成分によって健康の維持及び増進に資する特定の保健の目的(疾病リスクの低減に係るものを除く。)が期待できる旨を科学的根拠に基づいて容器包装に表示をする食品。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_labeling_act/pdf/food_labeling_act_180921_0001.pdf

いきなり難しいですね…。
漢字だらけですが要は「研究結果をもとに、売ってる人が表示してる」ってことです。

例えば、チョコレートなどでよく見るGABAがあります。
GABAはγ-アミノ酪酸を含みます。
アミノ酪酸は脳神経を抑制させる神経伝達物質であり、神経を落ち着かせてくれるという研究結果が出ています。

だから、ストレスを感じる方や睡眠の質に悩んでいるような方向けの商品に入っているのです。

「研究結果がある」ということを後ろ盾にしています。
これは、トクホのように商品1つ1つを審査するものではありません。
良い研究結果のある成分を用いれば良いので、たくさんの商品が発売されています。

イチョウ葉エキスとは

ではここからは本題、イチョウ葉エキスについて詳しく解説していきます。
難しいことも出来るだけ易しく説明するので安心してくださいね。

イチョウ葉エキスは「イチョウから抽出される」

イチョウ葉エキスはその名の通り、イチョウから取ります。
乾燥したイチョウの葉からアルコール処理などを行いエキスを抽出します。
処理を行うときに、不要物や有害物は除かれるよう処理されています。

イチョウ葉エキスの機能性関与成分は

機能性関与成分とは、具体的にどの成分が役に立っているのか、ということです。
イチョウ葉エキスの機能性関与成分はフラボノイド配糖体テルペンラクトンです。
この2つがもつ機能性がイチョウ葉エキスのもつ機能性というわけですね。

難しい名前なので覚えなくてもOKです。
成分表示にはこの2つが書かれている場合もあるので、一度見るだけで大丈夫でしょう。

イチョウ葉エキスに期待される効果

ではいよいよイチョウ葉エキスに期待される効果(生理作用)について見ていきましょう。

イチョウ葉エキスの生理作用で共通しているのが、脳の血流を改善するということです。
様々な生理作用がありますが、それら全て脳の血流を改善することに役立ちます。
脳の血流が低下することで認知機能が落ちると考えられます。

脳の血流は年齢とともに低下すると言われています。
なので、特に高齢者で効果が期待される機能性表示成分なのです。
イチョウ葉エキスを用いた研究も主に高齢者を対象としています。

イチョウ葉エキスの生理作用①抗酸化作用

イチョウ葉エキスの生理作用の1つ目は、抗酸化作用です。

活性酸素という言葉は聞いたことがあるでしょうか?
これは周囲の物質を酸価させる力が強い酸素のことです。
活性酸素は適正な量であれば体へ影響はありません。

しかし、増えすぎてしまうと正常な細胞や遺伝子を攻撃してしまうことがあります。
シワ・シミといった老化現象からガンなどの病気まで、私たちに悪影響を与えます。
動脈硬化などを引き起こし、脳の血流を妨げることもあるため、認知機能にも関わります。

活性酸素を増やさないようにしてくれる作用が抗酸化作用です。

イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドが、抗酸化作用を示します。
フラボノイドはカロテノイド系と言われる色素のグループのひとつです。
このグループは、抗酸化ビタミンと言われているビタミンEよりも抗酸化力が強いんです!

イチョウ葉エキスの生理作用②血液凝固抑制作用

イチョウ葉エキスの生理作用の2つ目は、血液の抗凝固抑制作用です。

血液が固まるときには、血小板が活躍します。
『はたらく細胞』というアニメでは小さな子どもたちで表現されていますね。
この前段階で、血小板活性化因子という因子が働きます。

血小板活性因子は、ゼロになってしまうともちろん困ります。
血液が固まることなく流れ続けてしまうからです。
しかし、多すぎても血が固まりやすくなってしまいます。

イチョウ葉エキスに含まれる成分は血小板活性化因子を阻害します。
阻害し固まりやすい状態を防ぐので、血流改善につながります
脳梗塞や動脈硬化の予防に効果が期待されています。

イチョウ葉エキスの生理作用③血液循環改善作用

イチョウ葉エキスの生理作用の3つ目は、血液循環改善作用です。

血液循環が改善されることは、直接血流改善につながりますね。

イチョウ葉エキスは、上記以外に血圧上昇抑制作用血糖上昇抑制作用の報告もあります。
このように、脳の血流改善に繋がるとする研究結果が出ているのです。

イチョウ葉エキスは効かないのか

イチョウ葉エキスが記憶力の維持に役立つと表示されているゆえんでした。
しかし一方で、インターネットには様々な情報が集まっています。
そこで疑問に思うのが「イチョウ葉エキスは効かないのか」ということでしょう。

結論から先にいうと、イチョウ葉エキスが効く、とは言えません。
これは機能性表示食品だからです。
医薬品と違って効果を確約することはできないのです。

あくまで「そのような研究結果が出ている」ということです。
これを踏まえて、よくある疑問を解説していきます。

疑問①「受験生におすすめ」はウソ!?

「受験生におすすめ」はウソではないかもしれませんが、言い切れません。

イチョウ葉エキスに関する研究は、その対象が主に高齢者です。
これは、脳の血流は老化により減少すると考えられているためです。
そのため、若年者よりも高齢者で研究されているのです。

つまり、受験生のような若年者に効果があるかどうかはわからないのです。
脳の血流をよくしてくれるので道理は通っているように感じますが、言い切れないのです。

疑問②「頭痛が軽減する」はホント!?

「頭痛が軽減する」かどうかは、人によると考えられます。

イチョウ葉エキスは、脳の血流改善の作用があります。
そのため、脳機能障害による頭痛はイチョウ葉エキスEGb761という成分の適応症に含まれることがあります。

しかし、イチョウ葉エキスの副作用としてまれに頭痛が認められることがあります。
これは規格内のイチョウ葉エキスでは認められないようですが、起こらないとも言えません。
そのため、頭痛の原因が脳機能障害にあれば軽減すると考えられる、という結論になります。

疑問③「イライラに良い」はウソ!?

「イライラに良い」は、研究結果として示されています。

101人と母数の少ない実験ではありますが、減少したとの報告があります。
イチョウ葉エキスを摂取群でイライラ感の割合ポイントが16%減少したというのです。

この研究は、飲んだ人と飲まなかった人が比較されています。
さらに、自分が飲んだ群なのか違うのか、偽薬を用いてわからないようにしています。
このことから、「イライラに良い」と言えると考えられます

イチョウ葉エキスを飲むときに注意が必要な人は

注意が必要①何かしらの医薬品を飲んでいる人

注意が必要な人の1人目は、何かしらの医薬品を飲んでいる人です。

例えば、イチョウ葉エキスと抗凝固剤を併用した時に、出血傾向が高まることがあります。
これはイチョウ葉エキスのもつ血小板活性化因子の阻害作用で血液抗凝固薬の作用が増強されたことに関わると考えられます。

また、アルツハイマー症の人でイチョウ葉エキスと抗うつ薬を服用し、昏睡症状となった例もあります。

最近では、イチョウ葉エキスと肝臓での代謝との関係も検討されています。
薬は主に肝臓で代謝されますから、薬とイチョウ葉エキスの併用にも関わってくるのです。

要するに、お医者さんに薬をもらっている人はお医者さんに相談するのが良いでしょう!

注意が必要②アレルギーを持っている人

注意が必要な人の2人目は、アレルギーを持っている人です。

2002年11月、国民生活センターから発表されました。
「イチョウ葉食品の安全性」にアレルギー物質であるギンコール酸の含有量について取り上げられました。
市販製品の中に含有濃度の高いものがあったということです。

商品を選ぶ時に注意するとともに、アレルギーのある人はこちらもお医者さんへ相談するのが良いでしょう。

選ぶとき・飲むときに注意すべきこと

専門家が提唱する注意点は3つあります。

1)規格基準があり、その製品の品質に問題がなく、 安全性がある程度把握できるものを利用すること
2)効果をあまりにも期待して過剰に摂取しないこと
3)疾病があり、医薬品を用いた治療を行っている人は、医薬品を用いた治療を優先させ、また医師等の専門家の助言を受けること

http://www.nibiohn.go.jp/eiken/hn/modules/pico/index.phpcontent_id=306&page=print.html

得体のしれないものは摂取しないことは、普通の食品でも同じです。
しかし、健康食品においては、多くの加工がされています。
イチョウ葉エキスでは、抽出のためにアルコールが使用されています。

このアルコール濃度にはばらつきがあると言われています。
なのでアレルギーを持つ人は飲まないほうが良いです。
よくわからない商品の場合、アレルギーの人でも飲むべきではありません。

かならず、信頼できる販売元や専門家から話を聞いて買いましょうね。

イチョウ葉エキスを買える場所は

ドラッグストア『シュワーベギンコ』

ドラッグストアで購入できるのは『シュワーベギンコ』のイチョウ葉エキスです。

シュワーベギンコは、アサヒの商品です。
この商品は世界で初めてイチョウ葉エキスの抽出に成功したドイツのDr.W.シュワーベ製薬のエキスを使用しています。

専門家から高い評価と信頼のある研究結果に基づいた商品です。
世界でも48か国で販売されており、信頼性はとても高いです。
こだわり抜いた栽培と加工であなたの生き生きした毎日をサポートしてくれるでしょう。

ツルハグループをはじめとしたドラッグストアで購入できます。
お店に行くのが大変…という人はインターネットでも買えますよ。

インターネット『おめがさん』

インターネットで購入できるのは『おめがさん』です。

おめがさんには、イチョウ葉エキスはもちろん、若々しくいるために必要な栄養素がたくさん!
その代表がDHA。青魚に多く含まれている成分です。
DHAは中高年の記憶と判断や読み書きをサポートする成分です。

そのほか、EPAやDHAの体内利用をサポートしてくれる栄養素も多く含まれています。
つまりおめがさんには、認知機能をサポートしてくれる栄養素がぎゅっと詰まっているのです。
その有効な栄養素の数は12種類

下のリンクから定期購入すると、今なら初回20%オフです!
さらに会員登録をすると200円オフになりますよ。
このキャンペーンはいつまで続くかわかりませんし、楽天などでは割引はありません。

利用者の85%が効果を実感したおめがさん。
ぜひ実際に試してみてくださいね!

まとめ

今回は、栄養機能食品に含まれる成分「イチョウ葉エキス」について解説しました。
なぜ記憶力の維持に役立つか、注意点は何か、わかったでしょうか?
これからも若々しくいるために、ぜひ一度飲んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました