秋バテを解説&生活習慣から見直す予防と対処法をやる気が出ない方へ!

ドラッグストアニュース
スポンサーリンク

夏もそろそろ終わりを迎え、だんだんと秋を感じるようになってきました。
今年の夏はとても暑く、台風の影響もあり不安定な天気でしたよね。
そんなときに心配になるのが秋バテです。

夏バテは聞いたことがあるけど、秋バテ?と思いますよね。
夏から秋へ季節が変わるときに、身体がだるく感じてしまうものをさします。
秋は美味しいものも多く、観光にもとてもいい季節なので元気に過ごしたいものです。

だからこそ、秋バテになる前に予防をしておきたいですよね。
また、秋バテになってしまった場合の対処法も知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、秋バテの基礎知識と予防・対処法を紹介します。
何が原因で秋バテになるのかしっかり理解しましょう。

もしなってしまったり、周りで困っている人がいても大丈夫です。
適切な対処法を学ぶことで不調を軽減することができます。

ぜひこの記事を最後まで読んで、元気に秋を過ごしましょう!

秋バテとは?原因・症状を解説

もみぢ

秋バテの原因

秋バテとは、涼しくなってきたにも関わらず疲れやすく不調が続いている状態です。
この秋バテの主な原因は寒暖差にあります。

夏から秋への季節の変わり目は朝晩や日の寒暖差が大きくなります。
寒暖差が大きくなることで自律神経が乱れることにより様々な症状が出ます。
自律神経とは、循環器、消化器、呼吸器をスムーズに調節するための身体の機関です。

例えば、心臓の拍動の速さの調節があります。
とても驚いたことがあった時には心臓はドキドキしますよね。
このドキドキを司っているのは自律神経のうち副交感神経です。
逆に、落ち着いている状態の時に働いているのが副交感神経です。

自律神経はこのように交感神経と副交感神経から構成されます。
この働きがうまく行かなくなり引き起こされるのが秋バテです。

また、秋には台風も発生するため、気圧の変化も関係すると言われています。

秋バテの症状

秋バテの症状は、自律神経の乱れにより血流が滞ることによります。

  1. 疲れやすく、だるい・眠い
    寒暖差に対応できていないため、十分に休むことができません。
  2. 冷えからくる肩こり
    血流が滞っているため、冷えを感じることが多くなります。
  3. めまいや頭痛
    これも血流が滞ることによります。
  4. 食欲が落ちる
    自律神経の乱れにより生活にメリハリがなくなるためです。

これらの症状は夏バテにも似ていますね。
秋バテは、夏バテの症状が長引いている場合もあります。
特に他の理由が思い当たらず、上記の症状に当てはまったら秋バテを疑って良いでしょう。

また、血流が悪くなることにより肌荒れの症状が出る人もいます。
単なる肌荒れだと思って皮膚科に行ったら実は秋バテだった…なんてことも。
なかなか治らない場合には秋バテを疑ってみましょう。

秋バテのリスク

秋バテには、様々なリスクがあります。
すぐによくなれば良いのですが、長引くと病気になるリスクが上がります。

例えば、脳梗塞心筋梗塞のリスクがあります。
これらは血管がつまり、血流が滞り起こる病気です。
秋バテにより自律神経や血管の負担が大きくなることで発症しやすくなるといわれています。

また、秋バテにより免疫力が低下することもあります。
これにより感染症の発症、糖尿病などの持病が悪化してしまうリスクなどが大きくなります。
冬に向けて風邪が流行りますから、免疫力が低下するのは怖いですよね。

秋バテになりやすい人の特徴

秋バテになりやすい人の特徴は大きく分けて3つあります。

秋バテになりやすい人の特徴①涼しくなっても冷房を使う人

秋バテになりやすい人の特徴の1つ目は、涼しくなっても冷房を使う人です。

夏の間は、熱中症予防の点からも適切にエアコンを使うことが大切です。
ただし、どれだけ涼しくて快適だからと言っても気温が下がってきたら控えた方が良さそうです。

秋バテになりやすい人の特徴②涼しくなっても冷たいものを飲む人

秋バテになりやすい人の特徴の2つ目は、涼しくなっても冷たいものを飲む人です。

夏の名残で、キンキンに冷えた飲み物やアイスなどを頻繁にとっていませんか?
冷えた飲み物やアイスは内部から身体を冷やしてしまいます。
これは一般的に「内臓冷え」と言われています。

内臓の冷えは万病の元」とも言われています。
気温が下がってきたな、と感じたら常温以上の温度の飲み物に変更しましょう。

秋バテになりやすい人の特徴③環境への順応が難しい高齢者

秋バテになりやすい人の特徴の3つ目は、環境への順応が難しい高齢者です。

年を重ねていくと嬉しい変化もありますが、注意しなければならないことも増えます。
そのひとつが暑さや寒さを感じる力が低下すること、調節する機能が低下することです。

夏場には、高齢者の熱中症予防が叫ばれますよね。
これは暑いと感じる力が落ち、さらに調節も苦手になっているためです。
結果として重症化してしまうケースが多くなります。

これと同じことが秋にも起こります。
気温が下がった秋でも夏のような服装をしていることで体調を崩しやすくなります。
また、下がった気温に対応することができないことも不調に繋がります。

秋バテの予防&対処方法

ヨガ

秋バテの原因がわかったところで、予防方法と対処方法をみていきましょう。

秋バテの改善方法①生活習慣を見直す

秋バテの改善方法の1つ目は、生活習慣を見直すことです。

  • シャワーではなく、38度くらいのお湯に約15分浸かる。
  • ストレッチやマッサージでコリ&血流改善。
  • 寝るときは靴下よりもレッグウォーマーを使う。

1日数分で取り入れられるものもありますので、少しずつ見直していきましょう!

秋バテの改善方法②軽い運動する

秋バテの改善方法の2つ目は、軽い運動をすることです。

汗がじんわりにじむ程度の軽い運動を行いましょう。
激しい運動である必要はないため、散歩などでも大丈夫です。

軽い運動を行うことで自律神経が整います

秋バテの改善方法③改善に効果のあるものを飲む&食べる

秋バテの改善方法の3つ目は、改善に効果のあるものを飲む&食べることです。

秋バテには内臓冷えが大きく関わっています。
そのため、常温かそれ以上の温度の飲み物を飲むようにしましょう。

特に、味噌汁や甘酒がおすすめです。
味噌や酒麹は発酵食品で、腸内環境を整える働きがあります。
さらに、自律神経を整えるアミノ酸も豊富に含まれています。
手軽に飲めるので、ぜひ今日から取り入れましょう!

いつも同じ味噌汁になってしまう…というあなたにはこちらの本がおすすめです。
その日の体調に合わせてぴったりな味噌汁が必ず見つかります。

【新品】おくすり味噌汁114 大友育美/著
ドラマ 本と中古ゲームの販売買取

また、季節の食べ物や疲労回復効果のある栄養素を取りましょう。
疲労回復にいいのは、ビタミンやミネラル、ビタミンB1です。
旬のものにはビタミンやミネラルが豊富です。
ビタミンB1は豚肉など赤身のお肉に多く含まれます。

暖かいスープなどでこれらを一緒に取ると温まり、疲労回復もできます。

秋バテの改善方法④漢方や医薬品を用いる

秋バテの改善方法の4つ目は、漢方を用いることです。

食欲不振には六君子湯(りっくんしとう)、冷えには当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などの漢方が適します。

ただし、漢方による副作用や持病の悪化なども心配されるため、医師や薬剤師に相談しましょう。
また、漢方について詳しく知りたい方はこちらの本がおすすめです。
難しい漢方の世界もキャラクターに当てはめわかりやすく解説されています。

まとめ

この記事では、秋バテの原因や症状について紹介しました。
予防方法、対処方法についても詳しく解説しましたがしっかり理解できたでしょうか?
元気に秋を過ごすことは素敵な冬を迎えることに繋がります。

ぜひ予防方法や対処方法を実践して、元気に過ごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました