30-73 全身的に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

30-73 全身的に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせは
どれか。

a ショック(アナフィラキシー)は、生体異物に対する遅延型のアレルギー反応の一種である。
b 肝機能障害は、軽度の場合、自覚症状がなく、健康診断等の血液検査(肝機能検査値の悪化)で判明することが多い。
c 偽アルドステロン症は、中毒性のものとアレルギー性のものに大別される。
d 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)は、38℃以上の高熱を伴って、発疹・発赤、火傷様の水疱等の激しい症状が比較的短時間のうちに全身の皮膚、口、眼等の粘膜に現れる病態である。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 誤 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 正 誤 誤 正
5 誤 正 誤 正

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました