30-69 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
1 眼の粘膜に適用する点眼薬は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることはある。眼以外の部位に作用して副作用を起こすことがあるので注意が必要である。
2 抗狭心症薬のニトログリセリン(舌下錠、スプレー)は、有効成分が口腔粘膜から吸収されて全身作用を現す。
3 鼻腔粘膜の下は毛細血管が豊富なため、点鼻薬の成分は循環血液中に移行しやすい
4 文章通り

タイトルとURLをコピーしました