30-69 薬の生体内運命に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

スポンサーリンク

30-69 薬の生体内運命に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

1 眼の粘膜に適用する点眼薬は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることはない。
2 抗狭心症薬のニトログリセリン(舌下錠、スプレー)は、有効成分が口腔粘膜から吸収されて局所作用を現す。
3 鼻腔粘膜の下は毛細血管が豊富であるが、点鼻薬の成分は循環血液中に移行しにくい。
4 内服薬のほとんどは、その有効成分が消化管から吸収されて循環血液中に移行する。

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました