30-32 健胃薬に配合される生薬成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

30-32 健胃薬に配合される生薬成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a センブリは、リンドウ科のセンブリの開花期の全草を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。
b リュウタンは、クマ科のヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したものを基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられるほか、消化補助成分として配合される場合もある。
c チンピは、ミカン科のウンシュウミカンの成熟した果皮を基原とする生薬で、香りによる健胃作用を期待して用いられる。
d オウバクは、ミカン科のキハダ又はフェロデンドロン・キネンセの周皮を除いた樹皮を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。

a b c d
1 誤 誤 正 誤
2 正 正 正 正
3 正 正 誤 誤
4 正 誤 正 正
5 誤 正 誤 正

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました