30−27 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
1 文章通り

2 メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が遅く現れ持続時間は長い

3 ジフェンヒドラミンテオクル酸塩は、抗ヒスタミン成分である。
抗ヒスタミン成分は延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用によって乗物酔いの発現を抑える。

4 ブロモバレリル尿素は、不安や緊張などの心理的な要因を和らげる鎮静成分として配合されている場合がある。
胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげ、乗物酔いに伴う吐き気を抑えることを目的として配合されているのは、局所麻酔成分のアミノ安息香酸エチルである。

タイトルとURLをコピーしました