30-26 眠気防止薬及びその有効成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

30-26 眠気防止薬及びその有効成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a カフェインには、胃液分泌亢進作用があり、その結果、副作用として胃腸障害(食欲不振、悪心・嘔吐)が現れることがある。
b 妊娠中にカフェインを摂取した場合、吸収されて循環血液中に移行したカフェインの一部は、血液-胎盤関門を通過して胎児に到達することが知られている。
c 眠気防止薬には、眠気を抑える成分として、チアミン塩化物塩酸塩、タウリンが配合されている場合がある。
d かぜ薬やアレルギー用薬などを使用したことによる眠気を抑えるために、眠気防止薬を使用するのは適切ではない。

a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 正 正 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 正 正 正

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました