30-13 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り

b 文章通り

c プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましいもの(効果)のみならず、望ましくないもの(効果)もあるため不確実であり、プラセボ効果を目的として医薬品が使用されるべきではない

d プラセボ効果は、主観的な変化だけでなく、客観的に測定可能な変化としても現れる

医薬品を使用したことによる効果は薬理作用のほか、プラセボ効果によるものもある。
プラセボ効果が生じる要因は

  1. 医薬品を使用したことによる楽観的(プラス)な結果への期待(暗示効果)
  2. 条件付けによる生体反応
  3. 時間経過による自然発生的な変化(自然緩解)
タイトルとURLをコピーしました