30−7 解答

スポンサーリンク

正答:5

解説
a 酒類(アルコール)をよく摂取する者では、肝臓の代謝機能が亢進していることが多いため、医薬品の代謝に影響を与えることがある。
肝臓の代謝機能の亢進により、アセトアミノフェンなどは通常より代謝されやすくなるため、体内から消失して十分な効果が得られないことがある。

b 文章通り

c いわゆる健康食品でも、医薬品と併用すると相互作用を生じる場合がある

d 食品は、外用薬の作用や代謝に影響を与えることがある
カフェインやビタミンAなどがその食品成分に当たる。

タイトルとURLをコピーしました