30−78 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
副交感神経系の機能を抑制する作用がある成分(抗コリン成分など)が配合された医薬品を使用すると、膀胱の排尿筋の収縮が抑制され、尿が出にくい等の症状を生じることがある。

抗コリン成分とは、副交感神経を亢進させるアセチルコリンの作用を抑える成分である。
副交感神経は休んでいるときに活発になるイメージであり、副交感神経機能が抑制されると膀胱の排尿筋の収縮が抑制される。

タイトルとURLをコピーしました