30−59 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り
「カーバメイト系殺虫成分は、アセチルコリンを分解する酵素(アセチルコリンエステラー
ゼ)と可逆的に結合する。」

b 文章通り
「フェノトリンは、シラミの駆除を目的とする製品の場合において、殺虫成分で唯一人体
に直接適用されるものである。」

c 有機リン系殺虫成分の殺虫作用は、アセチルコリンエステラーゼの働きを減弱することによる。

d 文章通り
「ディートは、忌避成分として最も効果的で、効果の持続性も高いとされている。」

タイトルとURLをコピーしました