30−56 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 一般に、夏は細菌による食中毒が、冬はウイルスによる食中毒が発生することが多いと言われている。

b 文章通り
「食中毒は、手指や食品、調理器具等に付着した細菌やウイルス等が、経口的に体内に入って増殖することで生じる。」

c 消毒薬の溶液中で生存、増殖する微生物はいる。親水性のグラム陰性菌がそれに当たる。

d 文章通り
「食中毒の流行時期には、集団感染を防止するため念入りに、消毒薬を用いた処置を行うことが有効である。」

タイトルとURLをコピーしました