30−47 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
選択肢は全て正しい。

外皮用薬は皮膚の表面が傷ついたり、皮膚の下の毛根や血管などに症状が出たりしたときに症状の改善や緩和のために用いられる医薬品である。
適用部位に汚れや皮質が多く付着していると有効成分の浸透性が低下するため患部を清潔にしてから用いることが重要。
反対に、表皮の角質層が柔らかくなることで有効成分は浸透しやすくなる。

塗り薬は、容器内で雑菌が繁殖するのを防ぐために、手の甲などに必要量取ってから塗るようにする。

貼付剤は、浸透性の低下や剥がれやすさを防ぐために患部の汗や汚れを取り除いてから添付するようにする。
かぶれを防ぐためには、同じ箇所に連続して貼らないようにする。

スプレー剤、エアゾール剤は、目の周辺や粘膜へは使用しない。
また、至近距離からの噴射や同じ箇所への噴射はせず、同じ箇所への噴射は3秒以内とする。

タイトルとURLをコピーしました