30−46 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説
a 文章通り

b プラノプロフェンは、非ステロイド性の抗炎症成分である。
炎症成分の生成を抑制する。

c 文章通り

d ナファゾリン塩酸塩は、アドレナリン作動成分で、粘膜血管を収縮させて目の充血を抑制する。
このときに眼圧が上昇するおそれがあるため、緑内障の人は使用まえに医師に相談する必要がある。
また、長期・連続の使用で異常な眩しさや充血を招くおそれがあるため避ける。

タイトルとURLをコピーしました