30−44 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り
ヒスタミンは、脳において覚醒の作用を示す。
抗ヒスタミン薬を使用することにより、覚醒中枢が抑えられ眠気を生じることがある。

b 文章通り
アセチルコリンは、副交感神経の神経伝達に関わる。
これを妨げるのが抗コリン成分であり、これが作用することにより排尿困難や口渇、便秘等の副作用が現れることがある。

c 文章通り
アドレナリン作動成分のプソイドエフェドリン塩酸塩は、交感神経系の刺激により鼻粘膜の血管を収縮させ、充血や腫れを和らげる作用を示す。

d ヨウ化イソプロパミドは、抗コリン成分であり、副交感神経の伝達を遮断し、鼻汁の分泌を抑えるように働く。

タイトルとURLをコピーしました