30−43 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
1  十味敗毒湯は、化膿性皮膚疾患や急性皮膚疾患の初期など、蕁麻疹や湿疹がでるなどの症状の初期に用いる。

2 小青竜湯は、鼻水や鼻づまりなどの慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎の症状に用いる。

3 文章通り

4 乙字湯は、体力が中等度以上で、便秘傾向にあるものに対して用いる。

5 猪苓湯は、排尿に異常があり、口渇感を覚えるものに対して用いる。体力に関わらず用いることができる。

タイトルとURLをコピーしました