30−41 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り
ヒドロコルチゾン酢酸エステルは、ステロイド性抗炎症成分である。
長期連用は副作用がおこるおそれがあるため、含有量によらず避ける必要がある。

b 文章通り
ジフェンヒドラミンは、抗ヒスタミン作用を示す。
皮膚に刺激が与えられると、肥満細胞という細胞からヒスタミンが放出される。
このヒスタミンにより脳に刺激が伝わり、かゆみを感じるようになる。
これを防ぎ和らげるのが抗ヒスタミン作用を示すジフェンヒドラミンである。

c カンフルは、局所刺激成分であり、穏やかな冷感刺激によってかゆみを抑える作用を示す。

d リドカインは、局所麻酔成分であり、適用部位周辺の知覚神経の刺激伝達を可逆的に遮断する
血管収縮作用による止血効果を期待して配合されている成分は、アドレナリン作動成分と呼ばれる成分であり、テトラヒドロゾリン塩酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩などがある。

タイトルとURLをコピーしました