30−37 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 文章通り
一般用医薬品の駆虫薬は回虫や蟯虫のみ対象となる。
虫卵や幼虫には作用せず、1ヶ月ほどおき成虫になった頃に再度区駆虫する必要がある。

b 文章通り

c サントニンは、回虫の自発運動を抑える作用がある。

d パモ酸ピルビニウムは、蟯虫の吸収や栄養分の代謝を抑制し殺虫作用を示す。
脂肪分の多い食事やアルコール摂取は避ける必要がある。

タイトルとURLをコピーしました