30−36 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
1 文章通り
多くは注入剤であるが、坐剤もある。

2 文章通り
人肌に温めておくと不快感を生じることが少ない。

3 グリセリンは、肛門や直腸の粘膜に出血を伴う傷があるときに使用すると、赤血球の破壊(溶血)を起こし、腎不全を起こす可能性がある。そのため、使用まえに医師に相談する必要がある。

4 文章通り

タイトルとURLをコピーしました