30−35 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り

b 文章通り

c パパベリン塩酸塩は、消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示すとされるが、眼圧を上昇させる作用も示すことが知られている。
そのため、緑内障の診断を受けた人は症状が悪化する可能性がある。

d ブチルスコポラミン臭化物は、副交感神経の伝達物質であるアセチルコリンと受容体の反応を妨げることにより、胃痛を鎮める。
交感神経の伝達物質はノルアドレナリンである。

タイトルとURLをコピーしました