30−33 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 次没食子酸ビスマス等のビスマスが配合された止瀉薬は、長期にわたって服用することで精神神経症状が出るため、1週間以上継続して使用しない

b 文章通り

c ロペラミド塩酸塩は、腸管運動を低下させ、水分や電解質の分泌を抑える、中枢神経系を抑制するなどの作用を示す
抗菌作用を示し、主に細菌感染による下痢の症状を鎮めることを目的として用いられるのは腸内殺菌成分のベルベリン塩化物、タンニン酸ベルベリンなどである。

d 文章通り
透析治療を受けている人は使用しない。また、腎障害を持つ者も医師に相談する必要がある。

タイトルとURLをコピーしました