30−29 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説
1 ジヒドロコデインリン酸塩は、麻薬性の鎮咳成分
依存性があるため、長期連用や大量摂取により薬物依存につながる可能性があるため注意が必要である。

2 文章通り
ノスカピンのほかに、ノスカピン塩酸塩、デキストロメトルファン臭化水素酸塩、チペピジンヒベンズ酸塩、ジメモルファンリン酸塩、クロペラスチン塩酸塩がある。

3 ブロムヘキシン塩酸塩は、去痰成分である。
分泌促進、溶解低分子化、線毛運動促進などの作用により痰の排除を助ける。

4 トラネキサム酸は、気道の炎症を和らげる成分。

5 クロルフェニラミンマレイン酸塩は、抗ヒスタミン薬である。
抗ヒスタミン薬は、アレルゲンなどの刺激を受けた時に肥満細胞から放出されるヒスタミンが受容体に結びつくことを防ぐ。
結果としてくしゃみや鼻汁の分泌などが抑えられる。

タイトルとURLをコピーしました