30−28 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a キョウニンは、バラ科のアンズの種子の中にある仁(さね)基原とする生薬で、鎮咳作用を期待して用いられる。

b 文章通り

c セネガは、ヒメハギ科のセネガ又はヒロハセネガの根を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

d 文章通り

タイトルとURLをコピーしました