30−25 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り
抗ヒスタミン成分は脳内のヒスタミン刺激を低下させることで眠気が促される。
しかし神経過敏や中枢興奮が生じる可能性があり、特に15歳未満の小児では使用を避ける必要がある。

b 文章通り

c 神経の興奮・緊張緩和を期待して配合されることのあるチョウトウコウは、アカネ科のカギカズラのカギ状のとげを基原とする生薬である。

d アリルイソプロピルアセチル尿素を含む催眠鎮静薬の服用時には、特段飲酒を避ける必要がある
アリルイソプロピルアセチル尿素を含む催眠鎮静薬とアルコールを一緒に摂取するとその薬効や副作用を増強させることがある。

タイトルとURLをコピーしました