30−24 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a アスピリンはサリチル酸系解熱鎮痛成分である。
サリチル酸系解熱鎮痛成分はライ症候群の発生が示唆されており、15歳未満の小児にはいかなる場合も使用できない
ライ症候群とは、インフルエンザや水痘などの感染後、アスピリンを服用している小児が急性脳症の症状引き起こすこと。発生率は稀であるが死亡率が高く、予後は不良である。

b イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は強い抗炎症作用は弱いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合される。

c 文章通り

d 文章通り

タイトルとURLをコピーしました