30−22 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説
a 文章通り
ベラドンナ総アルカロイドは、抗コリン成分であり、副交感神経の働きを抑えることで鼻汁分泌やくしゃみを抑える。

b アドレナリン作動成分は、鼻粘膜の充血を和らげ、気管や気管支を広げる成分
依存性があるため注意が必要。

c 文章通り
チペピジンヒベンズ酸塩は中枢性非麻薬性鎮咳成分である。

d 文章通り
セミアルカリプロティナーゼやブロメラインはタンパク質分解酵素である。
体内で産生される炎症物質を分解する作用がある。

タイトルとURLをコピーしました