30−18 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 文章通り

b 文章通り

c サリドマイドの血管新生を妨げる作用は、その光学異性体のうち、一方の異性体(S体)のみが有する作用であり、S体を分離して製剤化すると催奇形性を避けることができる

d サリドマイド製剤による薬害事件は、世界的に発生しており、サリドマイド製剤による催奇形性が報告されたが、我が国では警告があったにも関わらず、販売停止や回収措置はすぐには行われなかった

サリドマイド訴訟
催眠鎮静剤等として販売されたサリドマイド製剤を妊婦が使用したことで、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常が発生したことに対する損害賠償訴訟。

  • 1963年 製薬企業を被告として提訴
  • 1964年 製薬企業と国を被告として提訴
  • 1974年 和解成立

サリドマイドには血管新生を妨げる働きもあったため、妊婦が服用することにより退治に移行し成長が阻害された。
その結果四肢欠損や感覚器、心肺機能の障害などの先天異常が発生した。
この血管新生を妨げる働きがあるのは光学異性体のうち、鎮静作用があるのはS体のみ。

タイトルとURLをコピーしました