30−120 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説

小柴胡湯の使用による( a間質性肺炎 )については、1991年4月以降、使用上の注意に記載されていたが、その後、小柴胡湯とインターフェロン製剤の併用例による( a間質性肺炎 )が報告されたことから、1994年1月、インターフェロン製剤との併用を禁忌とする旨の( b使用上の注意の改訂 )がなされた。しかし、それ以降も慢性肝炎患者が小柴胡湯を使用して( a間質性肺炎 )が発症し、死亡を含む重篤な転帰に至った例もあったことから、1996年3月、厚生省(当時)より関係製薬企業に対して( c緊急安全性情報の配布 )が指示された。

タイトルとURLをコピーしました