30−112 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
医薬品・医療機器等安全性情報報告制度とは、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)に基づく制度。
医療関係者は、医薬品の副作用であると考えられる健康被害の発生を知った時、必要がある場合には、それを厚生労働大臣に伝えなければならない。

1967年3月 約3,000の医療機関をモニター施設として厚生省が直接報告を受ける「医薬品副作用モニター制度」としてスタート。
1997年 「医薬品等安全性情報報告制度」

医療関係者とは、薬局開設者、病院、診療所や飼育動物診療施設の開設者、医師、歯科医師、薬剤師、登録販売者、獣医師、その他。

タイトルとURLをコピーしました