30−104 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り

b 文章通り

c 一般用医薬品は、複数有効成分の場合が多く、使用方法や効能・効果が異なる医薬品同士であっても、同一成分又は類似の作用を有する成分が重複することがある

d 医療用医薬品との併用については、医療機関で治療を受けている人は、医師や薬剤師に相談するようにする
自己判断で医師の治療を受ける人が、自己判断で要指導医薬品や一般用医薬品を使用すると、治療の妨げになる、処方された薬剤との重複、相互作用などが生じる可能性がある。

タイトルとURLをコピーしました