30−103 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、喘息等が掲げられている医薬品では、「本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人は使用しないこと」と記載されている。

アナフィラキシーショックとは、アレルゲンが体内に入ることによって免疫反応が過剰に起こり、全身に症状が起こり生命に危険性がある状態のこと。

タイトルとURLをコピーしました