30−1 医薬品の本質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

30−1 医薬品の本質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 購入者が医薬品を適切に使用するためには、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることが必要であるため、一般用医薬品には添付文書や製品表示に必要な情報が記載されている。
b 一般用医薬品の添付文書や製品表示に記載された内容を見れば、効能効果や副作用について誤解や認識不足を生じることはない。
c 医薬品は、市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等の確認が行われる仕組みになっている。
d 医薬品医療機器等法では、健康被害の発生の可能性がある場合のみ、異物等の混入、変質があってはならない旨を定めている。

 a b c d
1 正 正 正 正
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 正 誤
4 正 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました