29-6 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り
「免疫機構が過敏に反応して、体の各部位に生じる炎症をアレルギー症状という。」
免疫は本来、身体に侵入した細菌やウイルスから防御するためのシステムだが、そのような異物を排除する過程で免疫機構が過敏に反応することにより、好ましくない症状が引き起こされることがある。
過度な炎症などがこれにあたり、引き起こされた炎症により不快感や苦痛を感じることがある。
このような症状をアレルギー症状という。

b アレルギーには体質的・遺伝的な要素がある
近親者にアレルギー患者がいる場合には注意が必要である。
また、医薬品の中には鶏卵や牛乳等を原材料とするものもあるため、それらに対しアレルギーを持つ人には使用を避ける必要がある。

c 文章通り
「普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態等の場合には、医薬品がアレルゲンになりやすくなり、思わぬアレルギーを生じることがある。」

d 医薬品のアレルギーは、内服薬によって引き起こされるものもあるが、外用薬によって引き起こされることもあるため注意が必要である。

タイトルとURLをコピーしました