29-23 解熱鎮痛成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

29-23 解熱鎮痛成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a アスピリンは、他の解熱鎮痛薬に比較して胃腸障害を起こしにくい。
b イブプロフェンは、プロスタグランジンの産生を促進することで消化管粘膜の防御機能を亢進させる。
c イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は比較的強いが、抗炎症作用は弱い。
d アセトアミノフェンが配合された製剤には、内服薬のほか、専ら小児の解熱に用いる坐薬もある。

a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 正 誤 誤
3 正 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました