29-15 一般用医薬品の選択及びセルフメディケーションに関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

スポンサーリンク

29-15 一般用医薬品の選択及びセルフメディケーションに関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 近年、専門家による適切なアドバイスの下、生活者が身近にある一般用医薬品を利用する「セルフメディケーション」の考え方がみられるようになっている。
2 一般用医薬品の販売等に従事する専門家においては、購入者等に対して常に自己の経験だけに基づいた正確な情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。
3 一般用医薬品で対処可能な範囲は、医薬品を使用する人によって変わってくるものであり、例えば、乳幼児や妊婦等では、通常の成人の場合に比べ、その範囲は限られてくることに留意される必要がある。
4 一般用医薬品を一定期間若しくは一定回数使用しても症状の改善がみられない又は悪化したときには、医療機関を受診して医師の診療を受ける必要がある。

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました