29−98 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 文章通り
「景品類を提供して販売することに関しては、不当景品類及び不当表示防止法の限度内であれば認められているが、医薬品を懸賞や景品として授与することは、サンプル品(試供品)を提供するような場合を除き、原則として認められていない。」

b 効能効果を高めるために、同じ効能効果を持つ医薬品同士を組み合わせて販売することは、認められない
効能効果が重複する組み合わせや相互作用などにより保健衛生上の危害を生じるおそれがある組み合わせは不適当である。

c 文章通り
「医薬品を大量に購入する等、その医薬品の無許可販売が疑われる者に対しては、状況によっては販売を差し控えるべきである。」

d 文章通り
「チラシ等の同一紙面に医薬品と医薬品ではない製品を並べて掲載することは問題ないが、医薬品でない製品について医薬品的な効能効果があるように見せかけ、一般消費者に誤認を与えるおそれがある場合は、必要な承認等を受けていない医薬品の広告の違反とみなされることがある。」

タイトルとURLをコピーしました