29−97 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
1 POP広告(店頭・店内広告)も、規制の対象である
販売促進に用いられるチラシ、ダイレクトメール、POP広告なども一般用医薬品の販売広告としての規制の対象となる。

2 医師その他の者がこれを保証したものと誤解される記事を広告することはできない上、当該医薬品の購入者等の意見や評価を表示することもできない

3 文章通り
「虚偽又は誇大な記事を広告した者は、「二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」と、医薬品医療機器等法に規定されている。」

4 承認前の医薬品については、承認申請中である旨の記載があっても、効能、効果等に関する広告をすることができない

タイトルとURLをコピーしました