29−8 解答

スポンサーリンク

正答:4

酒類(アルコール)は、医薬品の吸収や代謝に影響を与えることがある。アルコールは、主として( a肝臓 )で代謝されるため、酒類(アルコール)をよく摂取する者では、その代謝機能が( b高まっている )ことが多い。その結果、アセトアミノフェンは、通常よりも代謝( cされやすく )なり、体内からの消失が( d遅く)なるため、十分な効果が得られなくなることがある。

タイトルとURLをコピーしました