29−88 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 文章通り
「化粧品は、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つ」の範囲内においてのみ効能効果を表示、標榜することが認められている。」

b 化粧品の販売には、販売業の許可は不要であり、一般小売店で販売が可能である
また、化粧品の製造販売には、製造販売業の許可、品目ごとの届出が必要である。

c 化粧品を販売する店舗においては、化粧品と医薬部外品を区別して貯蔵又は陳列する必要はない

d 文章通り
「化粧品の成分本質(原材料)については、原則として医薬品の成分を配合してはならないこととされており、配合が認められる場合であっても、添加物として使用されている等、薬理作用が期待できない量以下に制限されている。」
医薬品のように効能効果を表示する、標榜することは全て禁止されている。

 

化粧品は、医薬品医療機器等の第2条第3項において次のように定められている。
「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。」

タイトルとURLをコピーしました