29−7 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 文章通り
「複数の疾病を有する人では、疾病ごとにそれぞれ医薬品が使用される場合が多く、医薬品同士の相互作用に関して特に注意が必要となる。」
相互作用とは、複数の医薬品、保健機能食品、いわゆる健康食品を含む食品などを一緒に摂取した場合に、医薬品の作用が増強する、減弱する、といった作用のことである。俗に「飲み合わせ」などとも言う。
作用が増強することにより副作用が表れやすくなったり、作用が減弱することにより効果が得られないなどのおそれがある。

b 文章通り
「相互作用を回避するには、ある医薬品を使用している期間やその前後を通じて、その医薬品との相互作用を生じるおそれのある医薬品や食品の摂取を控えなければならないのが通常である。」

c 相互作用には、医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こるものと、医薬品が薬理作用をもたらす部位において起こるものがある。

d 文章通り
「一般用医薬品は、一つの医薬品の中に作用の異なる複数の成分を組み合わせて含んでいることが多く、他の医薬品と併用した場合、同様な作用を持つ成分が重複することがあり、作用が強く出過ぎたり、副作用を招く危険性が増すことがある。」
成分や作用が重複することが多い医薬品としては、風邪薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、アレルギー用薬などがある。

タイトルとURLをコピーしました