29−79 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 副交感神経系の機能を抑制する作用がある成分が配合された医薬品を使用すると、膀胱の排尿筋の収縮が促進され、尿が出にくい、尿が少ししか出ない、残尿感がある等の症状を生じることがある。
副交感神経系の機能を抑制する作用がある成分には、抗コリン成分などがある。

b 前立腺肥大の基礎疾患がない人にも生じ、男性のみならず女性でも報告がある。

c 文章通り
「初期段階で適切な対応が図られるよう、尿勢の低下等の兆候に留意することが重要である。」

d 文章通り
「多くの場合、原因となる医薬品の使用を中止することにより症状は速やかに改善するが、医療機関における処置を必要とする場合もある。」

タイトルとURLをコピーしました