29−78 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説
a 文章通り
「心不全の既往がある人は、薬剤による心不全を起こしやすい。」
心不全とは、心臓のポンプ機能に障害が起こり、全身に十分な血液を送れなくなった状態の総称である。
中でも鬱血性心不全は、血液を送り出せなくなり、肺に血液がたまることにより様々な症状が出現する疾患である。

b 代謝機能の低下によって、薬剤による不整脈の発症リスクが高くなる
不整脈とは、何らかの原因により心臓の拍動リズムに乱れが生じる病態である。
代謝機能の低下によって、薬剤による不整脈の発症リスクが高くなるため、腎機能や肝機能の低下、併用薬の相互作用などに注意する必要がある。

c 医薬品を適正に使用した場合でも、動悸や一過性の血圧上昇、顔のほてり等を生じることがある
その場合には使用を中止し、症状によっては医師の診断を受けるなどの対応が必要である。

d 文章通り
「高血圧や心臓病等、循環器系疾患の診断を受けている人は、心臓や血管に悪影響を及ぼす可能性が高い医薬品を使用してはならない。」

タイトルとURLをコピーしました