29−73 解答

スポンサーリンク

正答:2

交感神経系と副交感神経系を合わせて( a自律神経系 )と呼ばれる。交感神経の節後線維の末端(汗腺の一部を除く。)からは神経伝達物質として( bノルアドレナリン )が、副交感神経の節後線維の末端からは( cアセチルコリン )が放出される。

自立神経系は消化吸収や代謝などの不随意的な機能を制御する。
交感神経系は、身体が緊張状態のときに対応した態勢をとるように働く。
一方、副交感神経系は、身体がリラックス状態になるように働く。
医薬品成分が体内で薬効や副作用をもたらすときにも、自立神経系の作用や影響が重要な役割を果たす。

タイトルとURLをコピーしました