29−68 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説

網膜に存在する光を受容する細胞(視細胞)には、色を識別する細胞と、わずかな光でも敏感に反応する細胞の二種類がある。後者が光を感じる反応には( 1 ビタミンA )が必要であるため、これが不足すると夜間視力の低下(夜盲症)を生じる。

1 ビタミンAは、目や皮膚の粘膜を健康に保つ、抵抗力を強めるなどの働きがある。
多く含まれている食品は、レバーやうなぎ、人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜である。

2 ビタミンB12は、赤血球の生成を助け、神経機能を正常に保つ働きがある。
レバーなどの動物性食品に多く含まれる。

3 ビタミンCは、皮膚粘膜の健康を維持する働きがある。
果物や野菜に多く含まれる。

4 ビタミンEは、身体を酸化から守る働きがある。
アーモンドなどのナッツ類に多く含まれる。

5 ビタミンKは、止血を助け、骨形成を促す働きがある。
納豆や小松菜などに多く含まれる。

タイトルとURLをコピーしました