29−63 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説
a 文章通り
「胆汁に含まれるビリルビン(胆汁色素)は、赤血球中のヘモグロビンが分解されて生じた老廃物である。」
赤血球に含まれるヘムが切り離され、肝臓の細胞で代謝されることにより黄色のビリルビンに変化する。

b 医薬品として摂取された物質の多くは、肝臓において代謝される。
肝臓には以下の働きがある。

  • 栄養分の代謝・貯蔵
  • 生体に有害な物質の無毒化・代謝
  • 生体物質の産生

c 胆嚢は、十二指腸に内容物が入ってくると収縮して腸管内に胆汁を送り込む。
胆嚢は、肝臓で作られた胆汁を濃縮して貯蔵する器官である。

d 文章通り
「アミノ酸が分解された場合等に生成するアンモニアは、体内に滞留すると有害な物質であり、肝臓において尿素へと代謝される。」
この回路を尿素回路(オルニチン回路)という。

タイトルとURLをコピーしました