29−57 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 文章通り
「患者の「証」に合わないものが選択された場合には、効果が得られないばかりでなく、副作用を招きやすくなる。」
「証(しょう)」とは、漢方独自の病態認識であり、体質および症状をさす。

b 作用が穏やかであると一般に認識されているが、間質性肺炎や肝機能障害のような重篤な副作用が起きることがある。
漢方は作用が穏やかで副作用が少ない、などといった誤認により副作用を見落としてしまうことがあるため、注意が必要である。
漢方薬は体質改善に重きを置いているため比較的長期間服用されるが、一定期間使用後に症状の経過や副作用の発言に注意が必要である。

c 漢方医学は古来に中国から伝わったものの、現代中国で利用されている中医学に基づく薬剤は中薬と呼ばれ、漢方薬とは別物である
漢方医学は中国から伝わり日本で発展した伝統医学である。のちの蘭方(西洋医学)と区別するためにこのように呼ばれるようになった。

d 文章通り
「用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合でも、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととされている。」

タイトルとURLをコピーしました