29−55 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 文章通り
「ビタミンAは、妊娠3ヶ月以内の妊婦、妊娠していると思われる女性及び妊娠を希望する女性は過剰摂取に留意する必要がある。」
ビタミンAは、夜間視力の維持、皮膚や粘膜機能の維持に作用する。
過剰摂取により胎児に先天異常があらわれる可能性がある。
ただし、人参など野菜類のβ-カロテンは過剰摂取に繋がらない。

b 文章通り
「ビタミンB2の摂取により、尿が黄色くなることがある。」
ビタミンB2は、脂質代謝に関与、皮膚や粘膜機能を維持する作用がある。

c アミノエチルスルホン酸は、炭水化物の代謝(エネルギー産生)に不可欠な栄養素であり、神経の正常な働きを維持し、腸管運動を促進する作用がある。
アミノエチルスルホン酸は、ビタミンB1の一種である。
骨の形成を助ける栄養素であるが、過剰症として高カルシウム血症、異常石灰化が知られているのは、ビタミンDである。

d システインは、皮膚でのメラニン生成を抑制、皮膚の新陳代謝の活発化・メラニンの排出を促す働きを期待して用いられる。
骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す等の働きを期待して用いられるのは、アスパラギン酸ナトリウムである。

タイトルとURLをコピーしました