29−54 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
a 文章通り
「うつ病と診断されたことのある人では、使用を避ける必要がある。」
禁煙時の離脱症状によるうつ症状の悪化のおそれがある。

b 文章通り
「妊婦又は妊娠していると思われる女性、母乳を与える女性では、摂取されたニコチンにより胎児又は乳児に影響が生じるおそれがあるため、使用を避ける必要がある。」

c 禁煙補助剤を使用する際は、喫煙を完全に止め、徐々にニコチンの摂取量を減らしていくことで、結果的に禁煙達成につながる。
この方法では、ニコチンの離脱症状の軽減を図りながら行う。
ニコチン離脱症状とは、血中のニコチンのうどが低下することによりイライラ感、集中困難、落ち着かないなどの禁断症状。
重度のニコチン依存状態にあるものは、ニコチン依存症の治療を行う禁煙外来の受診をすすめる。

d 咀嚼剤では、口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が低下する。

タイトルとURLをコピーしました