29−52 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 「壮年性脱毛症」、「円形脱毛症」等の疾患名を効能・効果に掲げた毛髪用薬は、医薬品として製造販売されている。

b カシュウは、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。
抗菌、血行促進、抗炎症等の作用を期待して用いられるのは、タイワンヒノキやヒバ等の精油成分であるヒノキチオールである。

c 文章通り
「カルプロニウム塩化物は、末梢組織(適用局所)においてアセチルコリンに類似した作用(コリン作用)を示し、頭皮の血管を拡張し、毛根への血行を促す。」
カルプロニウム塩化物は、コリンエステラーゼによる分解を受けにくく、作用が持続するという特徴がある。
一方で、コリン作用による局所または全身性の発汗、それに伴う寒気、震え、吐き気といった副作用があらわれる場合がある。

d 文章通り
「チクセツニンジンは、血行促進、抗炎症等の作用を期待して用いられる。」

タイトルとURLをコピーしました